EnCube(インキューブ)のレッスン動画解説③<なりきりスピーキング>

EnCube(インキューブ)のレッスン動画解説③<なりきりスピーキング>

ここでは3記事に分けて、EnCube(インキューブ)のレッスン動画を解説しています。

最後は7日目に配信される<なりきりスピーキング>です。

授業内容

<Live English>の翌朝に配信される<なりきりスピーキング>。ここでは<Live English>で繰り広げられた会話を、今度は自分と先生で行ってレッスンします。

先生と実際にオンラインで行うわけではなく、あらかじめ収録された動画を使って行うのは変わりません。

ですがやってみると、本当に先生と会話をしているような雰囲気が感じ取れます。

これは『バーチャル・スピーキング』と呼ばれるEnCube(インキューブ)ならではの手法。リアルな体験をしつつ、プライベートレッスンで恥ずかしがらずに発音ができるメリットがあります。

授業内容に関するレビュー

・<ネイティブ英会話マスター>や<Live English>の総復習みたいな動画です。結構難しいですが、頑張れば乗り切れます。これができると本当に嬉しいです。

・それまで流れてた動画と違って、本格的なアウトプット動画。発音がちゃんと身についているかどうかここで試されます。もちろんできたかどうかは自分にしかわかりませんが、不思議とちゃんとやろうと思えるんですよね。難しいけど難しすぎず、ちゃんとやる気も引き出してくれる。いい動画です。

解説

レビューを見てみると、<なりきりスピーキング>は難しいという人が多数でした。

ですが勉強するならある程度自分に負荷をかけるのは重要です。筋肉をつけるのに、軽すぎるウェイトでトレーニングしても意味がありませんよね。

EnCube(インキューブ)の内容は、中学生でも理解できる英語だけです。ですので難しい単語の暗記は必要なく、とにかく発音の練習をしっかり積み重ねれば<なりきりスピーキング>は必ずできるようになります。

この<なりきりスピーキング>の配信が終わると、翌日はまた新しい<ネイティブ英会話マスター>が配信されます。

EnCubeのイメージ画像
EnCubeのWebサイトへ トップページを見る